Niro Nakamichi Corporation

Basic Concept


私どものコンセプトはコンサート等の生演奏をホームオーディオ装置で生演奏に近い音場、音質で聴くことが出来る装置の開発です。

それには
従来のアナログ技術は一切使用せず、超最新のデジタル技術を開発し、Nakamichi 時代から一環して行って来た
「いかに生の音と音場に近づけるか」に挑戦しました。

その為に開発した新技術は

①:超最新のデジタル技術を開発してAnalogue時代に比べて音質で数段先を行くControll Amplifier (従来のプリアンプに相当) の開発に成功した。

②:超最新のデジタルパワーアンプ技術を開発してAnalogue時代とは比較にならない超高音質、高音場のDigital Power Amplifierの開発に成功した。

③:各機材間の接続には新開発した「Digital Signal Transfer 言語」の使用で「LANケーブル」によるノイズフリー接続の開発に成功した。

④:高音質、高音場の再生に不可欠なのはスピーカーです。最新の技術を投入したスピーカーシステムの開発に成功しました。


HE-1000 Speaker System

homeaudio-speaker-photo1

左図が新開発のスピーカーシステム「HE-1000 Speaker System」です。
上部の三角形状は超高音質に特化したHE-1000 Satellite Speaker です。
下部は10インチWooferを2台強固に連結して互いの振動をキャンセルし
更に新開発のWoofer Speaker Boxからフローティングした構造
を採用することで、スピーカー動作時の振動がスピーカーボックス
に伝わらずクリアーな重低音を再生するWoofer Speaker です。


homeaudio-speaker-photo2

homeaudio-speaker-photo3

高音質を創造する為に各スピーカーユニット毎に独立した超最新の300W Digital Power Amplifier が接続されています。
これによりアナログ部分はDigital Power Amplifier とスピーカーユニットを接続する20~40cmの長さのスピーカーケーブルのみとなっています。
各Digital Power Ampは高音質と高出力を生む為にDC48Vの直流電圧で駆動されます。
この電源を作るためPower Supply Unit がWoofer Speaker の背面下部に装着され、独立した4個の48V-350W の電源装置が組み込まれています。


.